三菱マテリアル銅加工事業

三菱マテリアル銅加工事業

English

NEWS

NEWS一覧

三菱マテリアル株式会社

高周波同軸コネクタへのグローブラス®採用の件

三菱マテリアル株式会社 高機能製品カンパニーは、RoHS指令など鉛に関する各種規制に準拠した次世代鉛フリー快削黄銅「グローブラス®(英語表記:GloBrass®)」が、株式会社トーコネの高周波同軸コネクタに採用戴きましたので、お知らせ致します。

グローブラス®は、従来からの開発品であるエコブラス®に近い強度・同等の被削性を維持しつつ、銅と亜鉛の配合を見直すことでメタルコストを抑制した鉛フリー黄銅です。エコブラス®と比べ約2倍の導電率16%IACS※1を達成している為、新たに電気・電子部品関連のお客様への提案を続けてまいりました。

株式会社トーコネは、高周波同軸コネクタとケーブルアッセンブリーを手掛けるメーカーで、一早く当社のSi系鉛フリー快削黄銅・グローブラス®に注目され、鉛フリーコネクタの開発に取り組んでこられました。今回、株式会社トーコネの高周波同軸コネクタに当社グローブラス®を使用したBNCP-3とSMAP-1.5Aの鉛フリー対応コネクタがラインナップに加わりました。

  • BNCP-3

    BNCP-3

  • SNAP-1.5A

    SMAP-1.5A

人体や環境に有害な鉛の環境規制は、欧州におけるRoHS指令※2、ELV指令※3など世界的に拡大・強化されつつあり、また国連持続可能な開発サミットにおいては2030年までの新たな「持続可能な開発目標(SDGs)※4」が定められるなど、企業の社会的責任も高まっております。
このような社会的課題を解決すべく、当社は2002年に鉛フリー快削黄銅エコブラス®を発売して以来、2015年には耐食性に優れたSnECO®を販売開始、そして2020年にグローブラス®の開発に至りました。当社のグローブラス®を含む鉛フリー快削黄銅シリーズは、SDGsの目標6(安全な水の供給・衛生)、目標9(産業インフラ、産業イノベーション基盤形成)、目標12(持続可能な消費と生産)に貢献する画期的な素材です。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今後も、お客さまのご要望に応じたオンリーワンの素材を供給するとともに、お客さま一人ひとりに合わせたベストな加工ソリューションを提供することで、豊かな社会の構築に貢献してまいります。

以上

※1
IACS(International Annealed Copper Standard)は焼鈍標準軟銅の体積抵抗率: 1.7241×10−2 μΩmを100IACS%として比率で表現した値です。
※2
RoHS指令(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)とは、電気電子機器に含まれる特定物質の使用制限に関する指令。
※3
ELV指令(End-of Life Vehicles)とは、廃自動車による環境負荷の軽減を目的としてEUが定めた指令。
※4
SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月に「国連持続可能な開発サミット」において全会一致で採択された2030年までの新たな「持続可能な開発目標」。17の目標と169のターゲットが定められている。
TOP
当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収取しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。