三菱マテリアル銅加工事業

三菱マテリアル銅加工事業

English

MESSAGE

事業本部長メッセージ

当社の銅加工事業は、三菱伸銅株式会社を統合し新たなスタートを切ることになりました。
当社の銅加工事業が目指す姿は、付加価値の高い高機能製品のグローバル・ファーストサプライヤーです。お客さまから第一に声を掛けていただけるよう、マーケティング、研究開発、販売体制を強化し、生産能力を拡大して、製造・販売・開発が一体となり、お客さまのニーズにお応えしていく所存です。

私たち銅加工事業のコアコンピタンスは、無酸素銅および銅合金の開発および製造技術です。車載端子やブスバー用のMSPシリーズ(Cu-Mg系合金)をはじめ、半導体リードフレームや各種電子材料用のCu-Fe系や、高速新幹線用トロリ線や抵抗溶接用電極としても利用されているCu-Cr-Zr系の銅合金、さらには環境負荷低減に貢献する鉛(Pb)フリー黄銅のエコブラスなど、これまでに開発・製造・販売してまいりました。
これからも、当社における研究・開発の中枢である中央研究所の強力なバックアップ体制のもと、お客さまのニーズを的確に捉えた製品をご提供いたします。
また、お客さまの需要にタイムリーにお応えできる生産体制を整えるため、2026年までに各拠点において投資を行い、全体で3,000トン/月の能力増強を計画しております。さらに、北米、欧州を中心に世界7カ国に展開するルバタグループの製造・販売拠点との相互連携により、グローバル供給体制の整備を推進いたします。

私たちは、お客さまの良きパートナーとして、これからも無限の創造力でご要望にお応えしてまいります。また持続可能な社会の実現に貢献する高機能な素材をご提供してまいります。

執行役員 高機能製品カンパニー 銅加工事業本部長石田 徳和
TOP