三菱マテリアル銅加工事業

三菱マテリアル銅加工事業

English

PRODUCTS INFORMATION

製品情報

URシリーズ耐脱亜鉛黄銅合金・海面養殖生簀用銅合金

規格番号
JIS
C3531(UR31,34)CDA: C45470(UR30ST)

黄銅合金を水道水や海水などが接触する部材に使用すると、黄銅合金表面から亜鉛が選択的に溶出する「脱亜鉛腐食」が発生することがあります。
URシリーズはこの脱亜鉛腐食性に優れた銅合金材料であり、用途によって最適な材料を提供することが可能です。

主な特長

  1. 良好な耐脱亜鉛腐食性
  2. 良好な被削性(UR31,34)
  3. 良好な熱間鍛造性(UR34)
  4. 良好な耐海水性(UR30ST)
  5. 良好な防汚性(UR30ST)

主な用途

1) 水栓金具・給湯配管部品・熱交換部品(UR31,34)
2) 養殖用生簀(UR30ST)

化学成分

URシリーズの化学成分を示します。

URシリーズの代表組成 (重量%)
  Cu Sn Ni Al Pb Zn
UR30ST 67 0.7   0.6   残部
UR31 64 0.8 <0.1   1.9 残部
UR34 62 0.8 <0.1   1.7 残部
※ 不可避不純物および微量添加元素を含む

物理的性質

URシリーズの物理的性質を示します。

URシリーズの物理的性質
特性 代表値
UR31 UR34 UR30ST
比重 (293K) 8.5 8.5 8.5
熱膨張係数
(×10-6/K:293~573K)
21 21 21
導電率
(%IACS:293K)
26 26 20
縦弾性係数
(kN/mm2:293K)
103 103 103

機械的性質

URシリーズの機械的性質を示します。

URシリーズの機械的性質(代表値)
合金 UR30ST UR31 UR34
形状
寸法 Ø4 Ø20 Ø35 Ø28 Ø58
調質又は
仕上状態
1/4H D D E E
引張強さ
(N/mm2)
420 415 350 380 360
耐力
(N/mm2)
- 280 140 - -
伸び
(%)
23 35 50 42 45
表面硬さ
(HRB)
52 73 50 44 38
D: 引抜棒  E:押出棒

耐食性

URシリーズは優れた耐脱亜鉛腐食性を有します。

URシリーズの脱亜鉛腐食試験結果
合金 寸法 ISO 6509 試験結果 JBMA T-303 試験結果
最大腐食深さ
(μm)
平均腐食深さ
(μm)
腐食形態 最大浸食深さ
(μm)
脱亜鉛腐食感
受性評価
UR30ST Ø4 <10 <10 凹凸 60 第1種
UR31 Ø20 20 <10 凹凸 65 第1種
Ø35 20 <10 凹凸 65 第1種
UR34 Ø28 330 180 β相優先腐食
鍛造品 30 <10 γ相優先腐食 70 第1種
C3604 Ø26 1000 900 全面全相腐食 400 対象外
C3771 鍛造品 900 800 全面全相腐食 250 対象外
※ 鍛造後、熱処理

耐応力腐食割性

JIS法およびASTM法(いずれもアンモニア雰囲気)による応力腐食割れ試験を満足します。

応力腐食割れ試験結果
  JIS A 法 ASTM
UR30ST
UR31

被削性

UR31の被削性はC3604とほぼ同等で優れた被削性を有します。

UR31の切削抵抗および三分力測定結果
  ドリル試験 三分力
トルク
(N・m)
スラスト
(N)
主分力
(N)
送り分力
(N)
背分力
(N)
合力
(N)
UR31 0.40 214 107 31 13 112
C3604 0.37 224 91 61 22 112

熱間加工特性

UR34の熱間鍛造推奨温度は700-820℃であり、C3771の熱間鍛造温度である650-770℃よりも50℃高くすることで同等の熱間変形抵抗となります。

UR34の高温での変形抵抗

防汚特性

UR30STは優れた防汚性(藻・貝などの海生生物が付着することを妨げる性質)を持ち、海面養殖用イケスの線材として用いられています。

実海面養殖イケスの状況

亜鉛めっき鋼線いけす(設置後4ヶ月経過)

UR30STいけす(設置後2年経過)

お問い合わせ先

UR31・UR34

営業統括本部 営業二部

第一グループ  TEL:072-233-9137

UR30ST

営業統括本部 営業三部

  TEL:072-233-9001

TOP